先生の話

趣味でヨガに通っています。
自分でもなんとなく気が付いていましたが、とある先生の話に妙に納得したのでそのお話をさせていただきます。

梅雨時は、常日頃から抱えている私のひどい肩こりやだるさがいつも以上に悪化します。吐き気やけん怠感を伴い、日常生活がとても苦痛に感じるほど。

そんな時は気持ちが乗らずについつい運動することを怠ってしまいがち。→そうすると、翌日まで体の疲れが持ち越し、解消されることなくどんどん蓄積され、心がうつむきがちになってしまいます。

梅雨時というのは、湿度が高く、汗や尿を出しても、普段と同じ生活では湿気が体内にとどまってしまい、体の調子が悪くなるのだそうです。そういうときこそ、気持ちが乗らなくても、運動して汗をかき、蒸気を体から放出することで体が軽くなり、体調とメンタルを整えることができるのだそう。

先生の話を聞いて、実体験が確信に変わりました。

梅雨時というのは、気持ちも暗くなりがちですが、汗をかいて総会に過ごせたら最高ですよね。


トリキュラー21