おせち料理について

おせち料理と言われているものは、正月に口にするお祝いのお料理ですよね。「おせち」と呼ばれるのはそもそも、暦における節句のことを意味します。

その節に味わう食べ物をおせち料理と呼んだことが理由で、現代では節句の一番目にあたる正月の料理を表す言葉として使われています。おせち料理は”めでたさを重ねる”という意味で縁起をかつぎ、重箱に詰め込んで出荷されます。地方都市やそれぞれのお家個々にお重の内容は多種多様です。
加えて、おせち通販も最近は色々とあるので選ぶのに困ってしまいます。
おせち料理は重箱にまとめるものであって、ここのところにさえ幸福を重ねあわせるという感じの意味が込められていると考えられます。百貨店などで並んでいるものは二段や三段がほとんどになりますし、五段のケースでも見受けられますが、正規の段数は四段ではないでしょうか。これに関しては絶対的な数を表す「三」の上に更に一段重ねた数です。上から「一の重」「二の重」「三の重」「与の重(四は死を想起させて縁起が悪いとされるため)」と呼称し、何番目のお重にどんな物を詰めるということが定められています。
おせち料理には、バラエティーに富んだ料理が存在しています。栄養のバランスや保存性の高いものなど、本当の意味で先人の創意工夫の結晶と言えるのですが、重箱に詰める際には、段ごとに詰めるコンテンツが定められています。その原則をベースにおくことで、重詰めにとどまらず、皿盛りにする折でもお手本にして大丈夫です。
重ねた際に一番上になる壱の重については、年始に適した祝い肴を詰めるのです。
その中においても、数の子・田作り・黒豆を「三つ肴」と呼ばれ正月には準備しておかなければいけない一品であるとのことです。関西におきましては黒豆ではなくたたきごぼうを付け足した、数の子・田作り・たたきごぼうが三つ肴だということです。
また、個々の食材においては、私達の願望が込められているに違いありません。