アニバーサリーケーキ

Twitterで見つけたデコレーションケーキが、それまで見たことがないほど豪華で、びっくりしました。

昔、ケーキ屋さんで、バタークリームでバラの花をかたどったデコレーションのケーキを見たことはありましたが、

Twitterで見かけたそのケーキは、それをはるかにしのぐものでした。

ふつうの白いホールケーキの上に、クリームで花のデコレーションが施されているのですが、その花が、リアルなんです。本物?と思うくらい。

色も、クリームの色一色とかではなく、赤やオレンジ、青、紫など、実際の花の色そのものでした。

本物そっくりの花のように見える上に、かなり高さのある盛り付けで、見た目にもかなりゴージャス。

Twitterにあげられたケーキは、すべて注文を受けて作られたもので、

「お母さんありがとう」とか「たんじょうびおめでとう」「Happy Wedding」といった文字が書かれていました。

友人にお菓子を作るのが好きな人が数人いるので、会う友人ごとに「これすごいよ!」と興奮しながら見せたりしました。

あの花のデコレーションだけでも十分すごいんですが、やはり、多少なりと作ったことがあるせいか、つい「このクリームは何を使っているんだろう?」

というところに目が行ってしまいます。

生クリームかな、いや、生クリームだと、ここまで花を立体的に絞り出すと、時間が経ったらクリームがヘタってしまわないか、とか。

バタークリームなら、こういう高さのあるデコレーションもやりやすい。でも、バタークリームだと脂肪分が多くて食べた時くどくないか、とか。

ケーキを注文した人が、ケーキを切ったときの断面の画像を公開していて、それを見たら、何と、イチゴが入ってる!それもたくさん!

ということは、土台はショートケーキということで。じゃあバタークリームではな???と疑問が解けるどころかよけい謎だらけに。

どうやらその人は、どこかのケーキ屋さんのスタッフで、その花のデコレーションのケーキも、そのお店で注文を受けて作っているようなのです。

ところが、雇われている身だから、ということで、お店の名前はおろか、所在地すら明かさないので、そのお店がどこにあるのかもわからず。

しばらくして、その方が、お店のことをツイートした時、お店のインスタグラムのリンクを貼られていたので、お店の名前と所在地がわかりました。

それからしばらくして。あのゴージャスな花のデコレーションを何で作っているかが判明!

やはり、あのデコレーションが何で作られているのか、不思議に思った人はかなりいたようです。

土台はショートケーキで作り、デコレーションをバタークリームで作られているということでした。

後日、花のデコレートの部分だけを作っている画像が公開され、花の一つ一つをバタークリームで作り、後からケーキの上に載せていることがわかりました。

作られている方いわく、「バタークリームだけど軽いのでペロリと食べられてしまう」とのこと。

残念ながらお店は県外で500km近く離れたところにあるため、あのケーキを持ち帰るにはかなり難しいのですが、いつか、あのケーキを注文できたらなあ、と思います。

http://kaowagagaeri.com