青汁やスムージーを使ったダイエットがおすすめできない理由について

リバウンドは、食事制限をして体重を減らそうとしたことがある人が、一度は通ったことがある道だといいます。食事制限をどんな手順で行ったかも、リバウンドの有無と関係します。

元来、ダイエットとは、肥満の治療をするために行う食事のコントロールのことでした。食事の内容や、生活習慣によって体脂肪が蓄積し、太るというのが基本的なパターンといえます。いかにうまくダイエットを進めていくか考える必要があります。青汁やスムージーにはダイエット効果はないので、それらを飲むことで何となくカロリー量を減らしてみるというノープランのダイエットは、成功率が低いといえるでしょう。

http://xn--u9jy52gzxcdx2a19efh896y.xyz/

人間の体は、摂取カロリーと消費カロリーとのバランスで体重が増えるか減るか決まるようにできています。使いきれないカロリーがあると、脂肪となって体内に蓄積されます。体重は、カロリーバランスによって決まります。体重増減の原則にのっとれば、青汁で栄養を摂りながら食事制限でカロリー補給量を減らせば、活動に必要なエネルギーを脂肪でまかなうことになり、減量にはなるでしょう。しかし、人間の体は食事制限にだんだんと順応していきます。カロリー摂取量を減らしても、体はそれに対応します。

どんなに食事制限を行っていても次第に体重が落ちなくなり、いくらダイエットを続けていても体重がなかなか減らない停滞期が始まります。ダイエットをしている時にリバウンドが起きるのは、停滞期に入っている時に普段どおりの食事をすると、脂肪になりやすいためです。青汁やスムージーを使った極端な食事制限によってダイエットを行うとリバウンドのリスクが高まりますので、長期的な計画を立ててのダイエットがいいでしょう。