ピアノ初心者へのアドバイス 片手から両手演奏へのステップ(2)

右手、左手の片手演奏からのステップアップ、両手演奏へのハードルをクリアするための、具体的な練習法をご紹介します。これは、片手での演奏ならば、ほぼ完璧にできている状態の方に実践していただくことを想定しています。

まず、右手の演奏をする際、左手を鍵盤の上にそっとのせておいたまま、弾いてみましょう。この時、左手は鍵盤を押して音を鳴らしてはいけません。あくまでも鍵盤の上に指を置いているだけです。左手は、最初はグーの形で鍵盤にのせておく、次にパーの形、できたら、左手のドレミファソの位置に指をそっと乗せておく(左手 ド小指・レ薬指・ミ中指・ファ人差指・ソ親指)と、徐々に演奏するときの手指のフォームに近づけていきましょう。そして、右手と左手が違うことをする感覚をなんとなく身に着けていただければokです。「そんなの簡単!」と感じるかもしれませんが、初心者の中には、自分では左手を動かしているつもりはないのに、勝手に右手に合わせて同じ旋律を弾こうとしてしまう…。こんな風になってしまった方もいらっしゃると思います。もしくは、右手でドミソ(1親指・3中指・5小指)と弾くと、左手がソミド(1親指・3中指・5小指)という感じに、鏡合わせのように、左右の同じ指がつられて動いてしまう方もたくさんいると思います。この練習がクリアできたら、こんどは左右の手を変えてチャレンジです。右手は鍵盤にそっと置いたまま、左手のみで演奏してみましょう。

きなりの効果