紫外線の量と日焼けの関係について

家の中にいながら日焼けをする理由は、紫外線の一つである紫外線A波が、窓ガラス等を通り抜ける光線だからです。
一方、紫外線B波はA波よりは届きにくい紫外線ですが、お肌への影響はありますので、紫外線予防が必須のものになります。
1年のうち、紫外線の量が一番多いのは5月から9月にかけてと言われています。

5月の陽光はまだ盛夏のような強さがありませんので、まだ紫外線の対策は必要ないと考えている人も少なくないようです。
気候のよい5月は、袖や丈の短い服装に変わる時期でもあるので、紫外線の対策を忘れないようにしましょう。
夏場は紫外線の量も増えますが、汗をかく量も増えます。
汗をかくと、日焼け止めクリームが流れてしまいかねないため、まめに汗を拭いたり、クリームをつけ直すことです。
お肌を紫外線から守るには、日焼け止めクリームのSPF値という数字を参考にして、どの程度の紫外線遮断効果がある商品を選択するかを決めます。
SPF値の高い日焼け止めを一度にたくさん使用するよりも、数値が低いものをこまめに塗りなおした方が日焼け止め効果が高いと言われています。
日焼けどめクリームをつける時は、肩や、鼻の頭、額のような、紫外線を浴び続けている部分は、何度も塗り直してください。
紫外線量は1日の中でも変化するものであり、一番多い時間は、10時から14時と言われています。
日焼け防止のために紫外線対策をする場合には、年間を通して、常時行う必要があるのです。

ミュゼ京橋駅前店のVライン脱毛の口コミ効果